Loading

ブログ

株式投資で大損しないために遵守すべき損切りのルール【逆張りスタイル編】

はじめに

株式投資で大きな損失を出してしまう場合、その多くが「損切りができない」ことに起因します。損切りの重要性は、頭では分かっていても、いざという状況になるとなかなかできません。損切りを確実に行うためには、自分なりのルールを設け、機械的にそれを実行する必要があります。

多くの個人投資家が、自分なりのルールに基づいて損切りを実行していると思いますが、株式投資を始めたばかりでまだルールを設けていない、あるいは、自分なりのルールを設ける上で悩んでいる、という方もいると思います。

そこでここでは、私が株式投資で大損しないために遵守している損切りのルールを紹介します。記事の流れとしては、私が現在実践している投資スタイルをまず簡単に紹介し、次に、私が設けている損切りのルールを紹介します。そして最後に、そのルールに従って損切りをした場合の具体例を示します。

損切りのルールは千差万別であるためあまり役に立たないかもしれませんが、一つの例として少しでも参考になれば幸いです。

1.投資スタイルと投資ルール

まずは、私の投資スタイルを簡単に紹介します。投資スタイルが異なれば損切りのルールも異なってくると思いますので、最初にどのようなスタンスで投資をしているのかを書かせて頂きます。

1-1.逆張りが基本

現在の私の投資スタイルは、逆張りです。逆張りとは、何らかの要因で株価が大きく下がったところで株を購入するスタイルのことです。逆張りとは反対に、株価が上昇し始めた時にその初動を捉えて流れに乗るスタイルを順張りと言います。

株価はどこまで下落するか分からないため、株価が下がったところで買い増す逆張りスタイルはリスクが高いと言われます。確かにそのとおりで、自分が許容できる範囲を超えて株価が下がり続けると、大きな損失を出すことにつながります。ですが、だからこそ損切りのルールを設けてそれを確実に実行することが大切になります。

損切りを確実に行うことができれば、通常はそれほど大きなリスクにはなりません。むしろ、株価が下落すればするほど平均取得単価が下がるため、得られる利益は大きくなります。このことから、逆張りスタイルは、うまくいけばローリスク・ハイリターンな取引を可能にする投資スタイルだと考えています。以下の記事で、逆張りスタイルとリスクの関係について書いていますので、良ければ参考にしてみて下さい。

逆張りスタイルでは、株を購入した後に株価が下がればまた購入し、また下がればさらに購入します。資金が尽きるまでそれを繰り返します。一つの銘柄に資金の何割を投入するか、という事についての明確なルールは現時点では設けていませんが、資金が尽きてそれでも下落したら、2.で述べる損切りルールを発動し、機械的に損切りします。

逆張りも順張りもそれぞれメリットとデメリットがあるため、どちらが良いのかは何とも言えませんが、これから紹介する損切りルールは、あくまでも逆張りスタイルの私が遵守しているルールという事になります。ご了承ください。

1-2.分散投資はしない

多くの企業に分散することは基本的にしていません。多くても5社、少なければ1社です。複数の企業に分散すればリスクを小さくできるのかもしれませんが、同時に利益も小さくなってしまいます。また、1つの企業についてそれなりに時間をかけて調べる必要があり、なおかつ有望と思える企業もそこまで多くないため、必然的に集中投資になります。

分散投資をしない代わりに、投資先企業はしっかりと調べます。それが自分なりのリスク回避策であり、今のところそれでうまくいっています。

1-3.高成長企業への投資を心がける

投資をする企業は、原則として過去10年程度の業績が概ね安定的に右肩上がりに成長している企業に限定しています。ただし、どれだけ高成長企業であっても、株価が乱高下しやすいIT企業(スマホゲームなど)や、通常の企業とはビジネスモデルが異なる銀行などには投資をしません。あくまでも、分かりやすいビジネスを展開している一般的な企業に投資をしています。

そして、業績が中・長期的に右肩上がりの企業の株価が、業績とは関係のない要因(業績は伸びているが市場コンセンサスに達しなかった、あるいは、単に利益確定売りが殺到した、など)で一時的に大きく下落したタイミングを見計らって株を購入します。

1-4.現金保有割合を常に高めに維持して複数回に分けて購入

逆張りスタイルの最大のリスクは、「株価がどこまで下がるか分からないこと」です。もちろん、一時的な下落であることを見込んで株を購入するわけですが、その後株価が必ず上昇に転じるとは限りません。そのため、何らかの要因で株価が大きく下落したとしても、焦って全ての資金を一度に投じることは絶対にしません。まだまだ下がる可能性があるためです。

ある程度の期間は下落が続くことを想定し、最低でも5回程度以上に分けて購入するように心がけています。資金の大部分を一度に投入してしまうと、それ以降に株価が下落しても身動きが取れなくなってしまい、あっという間に「含み損が膨らむ→やむなく損切り」となってしまいます。

複数回に分けて購入することの重要性は、損切りと同様、頭では分かっていてもなかなか思うように実行できません。どうしても、「今買っておかないとすぐに株価が上がってしまうのではないか」という考えが頭をよぎるからです。株式投資を始めたばかりのころは、何度もこの誘惑に負けて失敗しました。

「利益を出すことよりも損失を出さないこと」

これを最優先事項として位置付けられるようになったことで、利益を着実に積み重ねられるようになりました。

2.損切りは「8%ルール」を採用

本題の損切りルールについてです。私が遵守している損切りルールは、「最終的な平均取得単価から8%下落したら、問答無用で迷わず損切り」というものです。ちなみに「8%ルール」という名前は、単純に8%下落したら損切りをするからそう名付けたという、ただそれだけのことです。以下、具体的に説明します。

2-1.なぜ8%なのか

なぜ8%なのかという事ですが、これは心理的な理由によります。

5%程度であれば、数日、下手をすれば1日で下落するため、5%を損切りラインにしてしまうと、その後上昇に転じる可能性を捨てきることができません。かといって、10%を損切りラインにすると、さすがに10%の下落を許容することは心理的にキツイです。

全ての資金を1社に投じることもあるため、全資金の10%が減ることを想像すると…耐えられません。10%というと、投資資金が100万円であれば10万円、500万円であれば50万円、1,000万円であれば100万円です。…かなり大きいですよね。

上記のような心理的な理由から、私は損切りのラインを8%と定めています。将来的にこの数値を変更する可能性はありますが、変更するとしても7%か6%のどちらかだと思います。8%よりも大きな数値にはしないと思います。心理的にキツイので…。

2-2.大切なのは「損切りラインまで下落したら例外なしに損切りする」こと

損切りをする上で最も意識しているのは「例外を設けないこと」です。たとえ損切りルールを設けていても、例外を設けてしまうとドツボにはまります。

「損切りラインまで株価が下落しているが、この企業は連続増収増益だから長期的には絶対に上がる。だから、今回だけはもう少し様子を見てみよう」

これは絶対にしません。1つでも例外を作ってしまうと、別のことでも例外を作りたくなり、結果として何がルールで何が例外なのかが分からなくなります。そして、だいたいは失敗します。

このような考えは、多くの場合「期待」ではなく「願望」が頭を支配することで浮かびます。たとえ、損切りした直後に株価が上昇に転じて悔しい思いをしたとしても、その経験を悪い形で次に生かしてはいけません。何があっても、例外なしに損切りを実行します。

損失による痛みは、勝った時の2~2.5倍大きいことが、心理学的に証明されています。一度損切りをして損失を確定してしまうと、その損失を何としてでも取り戻そうとしてしまい、結果として間違いを犯しやすくなります。そこから、上で述べたような(自分にとって都合の良い考えが頭を支配してしまう)心理状況に陥り、自分で設けた損切りのルールを無視するという行動に出てしまいます。

損切りラインを何%とするかは人それぞれですが、ルールを守ることは、全員が共通して遵守すべき事項です。

3.損切りの具体例

「最終的な平均取得単価から8%下落したら、問答無用で迷わず損切り」

これが私のルールであると書きましたが、言葉だけでは分かりにくいかもしれませんので、実際のチャートを用いて、株式の購入から損切りに至るまでの具体的な例を書いてみます。ただし、ここで示す例は実際に私が経験したものではありません。感覚的に分かりやすいと考え、ここに例として挙げています。あくまでも一例であることをご理解ください。

以下に示す2つのチャートは、ある企業の過去5年間のチャートと直近3ヵ月のチャートです(2018/01/22時点)。これを見ると、中・長期的に株価は右肩上がりに上昇していますが、直近では下落傾向にあります。

図 株価チャート

(出典:YAHOO!ファイナンス(一部編集))

この企業の直近3ヵ月(下のチャート)の株価の動きを観察していると、2017年12月12日までは概ね上昇傾向であり、その翌日(2017年12月13日)に大きく下落し、それ以降下落が続いています。このタイミングでの決算発表などはありませんでしたので、利益確定の売りが出たか、あるいは次回決算があまり期待できないと市場が判断している、などの理由で株価が下落傾向にあるのだと思います。

ここでは、この企業の株価を用い、以下の条件を仮定して具体例を示します。

この企業の株式は現時点で保有していないが、詳しく調べたところ、売上・利益ともに順調に成長しており、投資先企業として有望であることが分かった。そのため、株価が一時的に下落している今がチャンスだと考え、株価の下落とともに少しずつ株式を購入することにした。資金は350万円、株価の下落に合わせて5回に分けて200株ずつ(350万円/5回=70万円/回、直近の株価が3千円代前半であることから、200株/回)購入する計画とする。

上記条件に基づき株式を購入していったところ、最終的に、以下に示すように平均取得単価=3,294円で1,000株購入できたとします。ただし、ここでは簡単のため手数料は考慮していません。

図 平均取得単価

(出典:YAHOO!ファイナンス(一部編集))

上図のように、投資資金を5回に分けて1,000株購入し、最終的な平均取得単価は3,294円、総投資額は3,294,000円(=3,294円×1,000株)となりました。資金がまだ206,000円(3,500,000-3,294×1,000=206,000円)余っていますが、この企業の株式をこれ以上買い増すことはできません。あとは、株価が上昇に転じることを祈るばかりです。

ここで、最終的な平均取得単価が3,294円であるため、そこから8%下落するとルールに従って損切りを行う必要があります。3,294円から8%下落したときの金額は3,030.48円であるため、3,031円まで下落したら迷わず損切りすることになります。

では、実際にどうなったかという事ですが、先に示したチャートを見れば分かるとおり、最終購入日の2018/01/10からも下落を続け、2018/01/15には株価は3,000円まで下落してしまいました。よって、株価が下落したところを見計らって段階的に購入を続けたものの、想定以上に株価の下落が続いたことで、やむなく損切りをすることになってしまいました。この例での最終的な損失は、全部で263,000円となります(手数料は未考慮)。

図 損切りと最終損失

(出典:YAHOO!ファイナンス(一部編集))

今回の例では、全ての資金を1つの企業に投資したため、損切りにより失う金額は263,000円と大きくなりました。ですが、この損失額は最大でもこの金額という事です。実際に投資をする際は、ほとんどの場合に少なくとも2~3社程度以上には資金を分散して投資をすると考えられるため、仮に損切りをしたとしても、1社当たりの損失金額は小さくなります。

長期的な下落相場だったりすると、投資先企業の全ての株価が下落し続けて損切りを余儀なくされることもありえますが、それでも全資金の8%で済みます。それに、投資先企業が軒並み全て下がり続けるなんてことはそこまで多くないと思います(そのような事態を避けるために、必死に企業を分析するのです…)。

仮に、自分の投資先企業の株価が軒並み下がる…という事であれば、それは、相場が悪いか、調査・分析不足のどちらかです。どちらであっても、一度取引をやめて、冷静に考えることが有効と思います。相場が悪ければ、どれだけ企業のことを調べても良い結果にはならないかもしれませんし、調査・分析が不足しているのであれば、改めてじっくりと勉強することが必要かもしれません。

いずれにしても、うまくいかない時は一度休むべきです。なんとか取り返そうとして無茶な取引をすることだけは、絶対に避けたいところです。相場を休むことも選択肢として与えられていることが、個人投資家の強みの一つでもあります。何事も、焦ると良いことはありません。

おわりに

損切りの重要性と難しさは誰しもが知るところです。頭では分かっていても実行に移せない時期を経験し、ある程度の痛みを経験して初めて「機械的に処理できるようになる」のだと思います。

この記事では私の個人的なルールを例に出しましたが、損切りラインは5%でも8%でも10%でも良いと思います。人それぞれだからです。大切なのは、「自分なりのルールを設けること」「そのルールを守ること」の2つです。感情に支配されるとルールを破ってしまい、損失が大きくなります。

「利益を出すことよりも損失を出さないこと。そして、損失を出したとしても最小限に留めること」

くどいようですが、このルールを頭の中心に据え、無理なく着実に利益を積み重ねましょう。

低PER・低PBRの銘柄は必ずしも割安ではない

株式投資で利益を得るためには、経済学よりも行動経済学を学ぶ方が効果的だと思う

関連記事

  1. 含み益が出た保有株を売却するか悩んだ時に取るべき最善の行動

    2017.11.22
  2. 【これから株を始める人は必読】株式投資は絶対に少額からスタートすべき理由3つ

    2017.12.14
  3. 株式投資をする上で絶対に無視できない「ファット・テール」という魔物とどう向き合う…

    2018.07.26
  4. 投資資金が小さい間は勝率8割を目指す

    2017.11.27
PAGE TOP