Loading

効率性の分析

はじめに

ここでは、企業の実力を表す4つの構成要素(収益性、効率性、安全性、成長性)のうち、2つ目の要素である効率性を分析するための各種指標について詳細に説明します。

効率性分析では、事業に投入している資産をいかに効率よく活用して売上高、利益を上げているかを見るため、各比率の分母と分子それぞれに、貸借対照表(以降、B/Sと省略します)に記載される各種資産と、損益計算書(以降、P/Lと省略します)に記載される数値のいずれかが入ります。

安全性分析ではB/Sのみに着目していたのに対し、効率性分析ではB/SとP/Lのバランスを見ます。そのため、企業の理想的な財務諸表の形である「スリムなB/Sと大きなP/L」を意識した経営が行われているかを確認する上で、効率性分析は欠かせません。

ここで効率性分析の基礎を身に着け、投資先を選ぶ際に活用してみて下さい。競合企業と比較したり、1つの企業の過去から現在までの数値を並べてみたりする事で、いろいろな発見があると思います。

なお、財務分析の流れについては、財務分析(分析の流れ)で説明していますので、合わせて参考にしてみて下さい。

1.総資産回転率

総資産回転率は、以下の式で算出します。

この財務比率は、企業が所有する全ての資産をどの程度効率的に活用して売上高を上げられているかを示すものであり、効率性分析の代表的な指標です。

一般に、無駄な資産を極力持たずに大きな売上高を達成する事が理想的と考えられるため、総資産回転率は高いに越したことはありません。

ただし、設備投資型の企業等は資産規模が必然的に大きくなるため、小さな資産で事業を展開しているサービス業等と比べると総資産回転率は低くなる傾向があります。そのため、他の財務比率と同様に、競合企業間での比較を行う事が重要です。

また、小さな資産で事業を展開できる業界は、効率性も利益率も高い数値を示す傾向がありますが、事業に必要な資産が少ないと言う事は、それだけ参入障壁が低いと言う事でもあります。

つまり、各財務比率の数値が高ければそれで良いと言うわけではなく、参入障壁の高さや競争環境など、様々な角度から企業を分析することが大切です。

2.売上債権回転期間

売上債権回転期間は、以下の式で算出します。

この財務比率は、売上債権が売上高の何日分あるのか、つまり、売上債権を何日後に回収しているのかを表すものです。売上債権としては、売掛金と受取手形及び割引手形を含める事が一般的です。この期間は、通常は短い方が回収が順調であり、不良債権もなく、また、早く回収する事によってキャッシュフローに余裕が生まれる事を意味するため、望ましい事になります。逆に長くなってきている場合には、不良債権が発生していたり、無理な押し込み販売が行われている可能性があり、注意する必要があります。

また、売上債権回転期間には顧客との決済条件が反映されるので、同じ業界の企業でも、販売チャネルが違っていると大きな差が発生する場合もあります。さらに、回収をゆっくりと行う事によって有利な支払条件をもとに顧客拡大をはかると言ったマーケティング戦略を採用することによって、その期間が長くなる事もあります。

さらに、売上高が伸びている企業では、通常、最後の数ヵ月の売上高が集計される売上債権が大きくなるため、それを1年間の平均的な1日当たりの売上高で割ると、売上債権回転期間が長めになると言う傾向もあります。

3.棚卸資産回転期間

棚卸資産回転期間は、以下の式で算出します。

この財務比率は、棚卸資産、つまり在庫が売上原価の何日分あるのか、つまり、何日分の在庫を所有しているのかを表すものです。棚卸資産としては、完成品である誠意品や商品だけでなく、製造中の仕掛品や原材料、あるいは、単価の安い原材料等を意味する貯蔵品まで含める事が一般的です。

この期間は、通常は短い方が売れ行きが順調であり、また過剰な棚卸資産を抱えていない、あるいは、不良在庫がない事を意味しているので、望ましいと言えます。

また、棚卸資産の回転期間は、同じ業界の企業でも、販売チャネルが違っていると、代理店や問屋が多額の棚卸資産を所有している事等によって大きな差が発生する場合もあります。

棚卸資産を、製品と商品、仕掛品、原材料や貯蔵品に分けてそれぞれの回転期間を計算し、その変化を分析する事によって、販売や生産の状況の一部が見えてくる事もあります。例えば、商品や製品の回転期間が長い場合には、完成品が多くなっているため販売が鈍っている可能性が高く、仕掛品の回転期間が長くなっている場合には、生産があまり順調にいっていないケースや、逆に、需要が増大しているため生産増やしているケースが考えられます。

4.仕入債務回転期間

仕入債務回転期間は、以下の式で算出します。

この財務比率は、仕入債務が売上原価の何日分あるのか、つまり、仕入債務を何日後に支払っているのかを表すものです。

仕入債務としては、買掛金と支払手形を含める事が一般的です。この期間が長い方が良いか短い方が良いかについては、判断が難しいです。

例えば、長くなっている場合には、ゆっくり支払っている事になるため、キャッシュフローの面からは有利と言えます。一方で、短い場合にも、早く支払う事によって値引き等に結び付ける事が出来れば、かえって有利と考えられます。

ただ、一般的には、仕入債務回転期間は、前述の売上債権回転期間や棚卸資産回転期間との連動性が高いです。つまり、売上債権回転期間や棚卸資産回転期間が短い場合には、キャッシュの面で余裕が出てくるので、支払いを早くして値引き等のメリットに結び付けているケースが多いのです。

さらに、仕入債務回転期間が長い場合には、支払いが遅れている可能性もある事を考えると、どちらかと言うと短い方が望ましいと言えます。

5.有形固定資産回転率

有形固定資産回転率は、以下の式で算出します。

この財務比率は、有形固定資産の金額に対して、どの程度効率的に売上高を上げる事が出来ているのかを表すものです。

これが高い場合には、有形固定資産の稼働率が高く、有効に使われている事を意味します。さらに、この比率が低下している場合には、投資を積極的に行っているステージにあり、一方で、この比率が横這いないし若干上昇しているような場合には、投資がひと段落したステージにあるとみる事も出来ます。

また、この比率の大幅な低下は、保有している設備が売上高の獲得に結び付いておらず、業績の不振を表している事もあるため、注意が必要です。

おわりに

 

PAGE TOP