Loading

定性分析

ここでは、財務比率などで数値化できない企業の定性的な側面の分析方法として、以下の6つについて詳細に述べています。

事業内容に関する8つの質問

財務状況に関する3つの質問

競合企業に関する3つの質問(作成中)

経営者に関する3つの質問

企業の合理性に関する5つの質問

最終判断を下すための3つの質問

財務比率分析などの定量分析が「結果」に着目するのに対し、定性分析では、その結果をもたらした「理由・根拠」に着目します。数値化できない以上、唯一絶対と言える答えは存在せず、同じものを見ても解釈が異なるという事はよく起こります。しかし、何事も理由・根拠を探して自分なりの答えを出さない限り深い洞察は得られません。そういう意味で、定性分析は極めて重要であると考えます。ここでの内容を参考に、定性分析にもぜひ取り組んでみて下さい。

事業内容に関する8つの質問

ここでは、事業内容を分析する上で必要となる項目を、8つの質問という形でまとめています。定性分析では、数値では表現出来ないことを調べる必要があるため、定量分析に比べて漠然とした内容になってしまいますが、定量分析と定性分析はコインの表と裏であることを理解し、自分なりの答えを出す習慣を付けるようにしましょう。

 

財務状況に関する3つの質問

ここでは、定量分析で算出した各種比率の評価に加え、それらの数値が意味するところを深く理解し、考えるための項目を3つの質問という形でまとめています。この記事では、重要と考えられる3つの内容に絞って説明していますが、財務に関する追及は多岐にわたります。ここでの内容の他にも、調べる企業や業界によって調査項目を追加することで、さらに深い分析が可能になります。大切なのは、定量分析で出てきた結果の理由・根拠を確認することだという事を常に意識しましょう。

 

競合企業に関する3つの質問(作成中)

ここでは、競合企業に対して優位性があるのかということを定性的な側面から確認するための方法を、3つの質問という形でまとめています。ここで扱う内容に答えるためには競合企業の分析も必要になることから、時間がかかる上に複雑です。100人に聞けば100通りの答えが出るかもしれませんし、あるいは答えが見つからない場合もあるでしょう。しかし、株式投資をする上で競合企業との比較検討は避けては通れませんので、ここはじっくりと腰を据えて取り組んでみてください。

 

経営者に関する3つの質問

ここでは、経営者の能力・人柄を確認するための方法を、3つの質問という形でまとめています。経営者の能力や人柄は極めて重要です。能力は高くても、不正に手を染めると株価は暴落し、最悪の場合は倒産します。インターネットのみから得られる情報には限りがありますが、有価証券報告書の他にも、企業のホームページに手掛かりとなる情報はたくさんあります。インターネットの他にも、調査している企業の経営者に関する記事や雑誌を検索してみる、あるいは株主総会に出席するといった選択肢もありますので、ここでの内容を参考に、可能な範囲で確認するようにしましょう。

 

企業の合理性に関する5つの質問

ここでは、投資対象として検討している企業が、資産を無駄遣いしていないかを確認するための方法を、4つの質問という形でまとめています。企業は常に合理的であることが望ましいですが、時には過ちを犯します。そして、それが致命傷になることもあります。企業活動が合理的であるかは、経営者の能力に依存します。経営者の最も重要な仕事は資本の配分であり、限られた資本を何に、どれだけ投じているかを確認・監視することが投資家には求められます。ここで示す内容を手掛かりに、経営者が株主の利益を無駄に使っていないかを確認する習慣を身につけましょう。

 

最終判断を下すための3つの質問

ここでは、これまでの分析結果を総合的に判断して、実際に株式を購入するか、あるいは購入を見送るかの最終的な判断を下すための確認項目を、3つの質問という形でまとめています。ここまで分析を深めてきたという事は、投資先として有望である可能性がかなり高いと言えます。あとは、自分が本当にその企業のことを理解できているのかという最終的な確認と、自信をもって株式を購入するための明確な理由を整理するだけです。これだけの分析をクリアして購入した企業の株式は、あなたに利益をもたらすだけでなく、安心して株を保有していられるという平穏な日々も与えてくれるでしょう。
PAGE TOP