Loading

財務比率分析

ここでは、財務比率分析の基礎を身に着ける事を目的とし、以下の5つについて詳細に説明しています。

分析の流れ

収益性の分析

効率性の分析

安全性の分析

成長性の分析

財務比率を用いて企業を分析するには、企業の実力を収益性、効率性、安全性、成長性の4つに分解し、それぞれについて分析することが一般的であり、その方法を紹介しています。また、財務比率分析は、企業の実力を数値化して分析する方法であるため、ここで紹介する内容を一通り理解すれば、日本企業だけでなく、海外の企業も分析できるようになります。

分析の流れ

ここでは、企業の財務比率分析の流れについて見ていきます。財務分析は幅広く、様々な考え方があるため、ここで全てを網羅して解説する事はできません。しかし、基本的な分析の流れを知っておけば、全ての分析の基礎として位置付けることができ、分析する企業の業種によってその都度比率の見方(重要度)を変えるといった形で応用できると思います。なお、ここでは分析の流れを解説することを目的としているため、各種比率の説明は省略しています。

 

収益性の分析

ここでは、企業の実力を表す4つの構成要素(収益性、効率性、安全性、成長性)のうち、1つ目の要素である収益性を分析するための各種比率について詳細に説明しています。企業の収益性を評価する事は極めて重要であるため、ここで収益性分析の基礎を身に着け、投資先を選ぶ際に活用してみて下さい。競合企業と比較したり、1つの企業の過去から現在までの数値を並べてみたりすることで、いろいろな発見があります。

 

効率性の分析

ここでは、企業の実力を表す4つの構成要素(収益性、効率性、安全性、成長性)のうち、2つ目の要素である効率性を分析するための各種比率について詳細に説明しています。効率性分析では、事業に投入している資産をいかに効率よく活用して売上高や利益を上げているかを見るため、貸借対照表と損益計算書の両方を使用します。ここで効率性分析の基礎を身に着け、投資先を選ぶ際に活用してみて下さい。競合企業と比較したり、1つの企業の過去から現在までの数値を並べてみたりする事で、いろいろな発見があります。

 

安全性の分析

ここでは、企業の実力を表す4つの構成要素(収益性、効率性、安全性、成長性)のうち、3つ目の要素である安全性を分析するための各種比率について詳細に説明しています。主な安全性分析指標は、全て貸借対照表に示される数値のみで算出できます。そういう意味で、安全性分析とは、資産構成のバランスから企業の財務健全性を見ることだと言えます。ただし、安全性を追求し過ぎると、収益性、効率性、成長性を低下させる要因となる事から、一定レベルの安全性を確保しつつ、収益性、効率性、成長性を最大化すると言うのが理想的です。

 

成長性の分析

ここでは、企業の実力を表す4つの構成要素(収益性、効率性、安全性、成長性)のうち、4つ目の要素である成長性を分析するための各種比率について詳細に説明します。企業の成長性は、4つの構成要素の中で最も重要であるため、ここで成長性分析の基礎を身に着け、投資先の企業が将来にわたって力強く成長する実力があるのかを見極められるようになりましょう。
PAGE TOP