Loading

株式投資の基本的な考え方

ここでは、株式投資をする上での基本的な考え方として、以下の5つについて詳細に書いています。

基本的な考え方と心構え

ファンダメンタルズ分析が基本

売買のタイミング

主な情報源とその活用方法

寄り添う理論

ただし、ここで書いている内容は、1つの考え方、あるいは、こうありたいと私が考えている内容に過ぎません。そのため、当サイトの他にもいろいろな情報源に触れることで、ご自身の投資スタイルを確立することが重要です。

基本的な考え方と心構え

株式投資をする上で最も大切なのは負けない事です。ここで言う「負けない」とは、全ての取引で利益を出すという意味ではありません。長期的に見て「大きな損失を出さず、小さな損失で抑えること。そして、その損失を補って余りある利益を出すこと」を意味します。ここでは、この目標を達成するために必要となる、株式投資に対する基本的な考え方と心構えについて、私の考えを書いています。

 

ファンダメンタルズ分析が基本

ここでは、ファンダメンタルズ分析とは何か、なぜ必要なのかと言う事をまず説明し、次に簡単な分析例を用いて理解を深めます。この記事を読めば「ファンダメンタルズ分析とはどういうものなのか」と言う事をざっくりと理解して頂けると思います。

 

売買のタイミング

株式投資の究極の目標は「買った時よりも高く売る」ことです。これさえ出来れば、株式投資において利益を出すことができます。ですが、これがなかなか出来ません。これを達成するためには、企業の株をいつ買うべきでしょうか。そして、いつ売るべきでしょうか。また、何を基準に「安い」、「高い」を判断するのでしょうか。ここでは、こうした売買のタイミングをめぐるさまざまな問題に対して、1つ1つ説明しています。

 

主な情報源とその活用方法

株式投資をする上では、様々な情報を集め、分析し、総合的に判断を下す必要があります。プロの機関投資家であれば、分析対象企業の関係者の話を直接聞くことができますが、ほとんど全ての個人投資家には不可能です。つまり、情報収集という点に限って言えば、個人投資家は機関投資家よりもかなり不利だと言えます。しかし、だからと言って個人投資家が利益を出せないのかというと、そんなことは全くありません。ここでは、個人投資家が利益を出すために、限られた情報源をどのように活用すべきかと言う事について書いています。

 

寄り添う理論

ここでは、私が参考にしている投資理論について簡単に触れます。投資スタイルはさまざまでも、自分の中で核となる考えや投資哲学を構築し、それを遵守する必要がある点は全ての投資家に共通しています。そのため、あなたはあなた自身の投資哲学を構築する必要があります。ここでの内容が直接的に役に立つかは分かりませんが、少しでも何かの参考になれば幸いです。

PAGE TOP